知識

水は人間の体には必須!?

水について
Pocket

水が人間な体に必要な理由とは!?

 

水を飲む人

「健康的にダイエット的にも

水はたくさん飲めって言われるけど

なんで飲まなきゃいけないの?」

 

今回はそんな方へのご希望を叶えたいと思います。

 

    • 水の働きとは!?
    • 水でなければいけない理由とは!?
    • どれだけ水を飲んだらいいの?

 

こんなところを気にしながら読んでみてください!

 

ちゃんと水飲んでますか?

ここ最近なのかちょっと前からなのか

「水」を飲みましょう!

 

みたいなお話が結構ありますが

水飲んでますか?

そもそもどれくらい飲んだらいいんだよって話から

飲むと何か効果があるの?なんて話まで色々言われていると思います。

 

なので今回はそんな水についてのお話をしていこうと思います。

 

ダイエットにも効果があると言われている水ですが

ダイエットについてはこちらにまとめてあるのでどうぞ!

 

 

水について

 

なんで水って飲まなきゃいけないの?

 

まぁーいけないってこともないんですけど

飲んだ方が健康にはいいよねってお話です!

 

効果に関しては色々あります。

 

  • デトックス
  • 生命活動の維持
  • 体温調節

etc…

 

そもそも人間の体の半分以上は水で構成されているし

その水も色々な機能を担っているので

当たり前のように必要だということです。

 

昔は飲み物は水しかなかったので

当たり前のように飲んでいたものですが

今では水以外のものも多くあります。

 

スポーツドリンクや健康ドリンクなどが多く出回っているために

水を飲む機会が失われてきていますが

ぜに、水を飲んで欲しいです!

 

その理由は今からお伝えしていきますね!

 

なぜ水分は「水」を摂らなければいけないのか?

 

水分は多く摂っています!

という人に限ってスポーツドリンクなどの「清涼飲料水」

などを飲んでいる人が多いように思います。

 

でも、何故「水」でなければいけないのでしょうか?

その理由をご説明していきますね!

 

理由1

塩分や糖分を摂りすぎてします

 

もちろん水以外にも優秀な飲み物はたくさんあります

 

例えば・・・

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 生搾り果実ジュース
  • 緑茶

etc…

 

しかしこれらも1日に何杯もなんでいいものではありませんし

物によってはやはり糖分を多く摂りすぎてしまう場合も多くあります。

 

もうこれ以外の「ジュース」や「スポーツ飲料」などは

特に体に不要なものが多く

 

どうしても「味」をメインに考えたものが多くなっています。

 

激しい運動を行なっている際には

スポーツ飲料などは効果がありますが

 

私たちが行う軽い運動であれば

「水」だけ十分です。

 

飲み物に味をつけることはそんなに簡単なことではないため

かなりの量が入っていることが多くあります。

 

一度自分で自作してみるとよくわかると思います。

真水に砂糖や塩を入れて

どれくらいでどの程度の味がするのか

 

びっくりするほどお砂糖を入れないと

水は甘くはなりませんw

 

水について

 

理由2

体の循環を促すため

 

人間は食べ物もそうですが

食べるから排出されます。

 

当然のことで何も食べなければ

何も出てきません。

 

例外として体の機能としては

細胞の死骸とか代謝されたエネルギーの燃えかすは

ご飯を食べなくても出てきますね

 

水も同様に摂取しなければ

排出されないため、溜まっていくのです。

 

わかりやすい例が「むくみ」です。

もちろん塩分の取りすぎや腎臓の機能不全も考えられますが

水分不足も大きな影響を与えます。

 

水分を取りすぎてむくんでいると思うことも多いようですが

実は逆で水分が足りないためにむくんでいることが多くあります。

 

これは便秘などにも共通して言えます。

 

もちろん全てが水が原因というわけではありませんが

もし、これらの体の不調があるのであれば

いつもより少し多めに飲んでみてください!

 

理由3

体の機能を正常に保つ

 

極端な話ですが

人間は水だけあればかなりの日数を生き抜くことができると言われています。

 

逆に言えば

水がなければ

すぐに体に異常をきたします。

 

じゃあ最低限取っておけば死ぬことはないから大丈夫かー

 

という話ではありませんw

 

もちろん不足すれば

体の様々機能は低下するのです。

 

例えば

水分不足により胃腸が機能せず

その後に一気に多くの水分を取り入れることで

お腹を下してしまったり

 

体温調節がうまくいかず

冷え性になってしまったり

血圧に影響が出てしまったりすることもあります。

 

これらの問題はなかなか水が原因だ!

とわかりにくいものですが

水の機能を知って入れば対処できますね!

 

じゃあどれだけ飲んだらいいの?

 

ここで問題になってくるのは

1日にどれくらいの回数と量を飲めばいいの?

 

とか

 

あんまり飲みすぎても体に悪いんでしょ?

 

とか

 

そういった問題が出てくると思います。

 

特に水は

女性の多くの体の不調を解決してくれるものでもありますし

ダイエットにも欠かせないものになります。

 

そんな水の秘密をもっと知りたい人は

LINE@に登録して頂いて

 

「水」

 

とメッセージください!

 

本物のトレーニングや健康、美容に関する情報をいち早く手に入れたい方
直接パーソナルトレーナーに聞きたい方は
下記からLINE@のご登録をお願い致します!

 

友だち追加
Pocket