食事

タンパク質は摂取すべき食品がある!?

タンパク質を食品で摂る
Pocket

タンパク質は食品によって違う!?

 

タンパク質を摂ってる人

「あぶらは体に悪いって聞いたけど

体に良いあぶらってあるの?

ついでにダイエットもしたい!」

 

今回はそんな方へのご希望を叶えたいと思います。

 

    • タンパク質の真実!?
    • タンパク質は量より質!?
    • タンパク質は何から摂取すればいいの?

 

こんなところを気にしながら読んでみてください!

 

タンパク質のことしっかり知ってる?

 

タンパク質が大事!

みたいな最近の風潮ありませんか?

ダイエットするにも健康を意識するにも

タンパク質を摂りましょう!みたいな

 

現に現場で指導しているトレーナーも

もっとタンパク質を摂りましょう!

炭水化物を減らしてお肉を食べましょう!

 

みたいなことを言う人も多くいます。

 

お客様とお食事をしていても

トレーナーさんって何食べてるんですか?

毎食ささみとか食べてるんですか?

 

とかって普通に聞かれます。

 

なので今回はそんなタンパク質についてです。

 

そんなこと検索すればたくさん出てくるじゃん!

なんて言わないでくださいね。

 

ネットにはなかなか出ていない

目から鱗の情報をご準備しているので

是非楽しみながら読んでみてください!

 

タンパク質の考え方

 

タンパク質はアミノ酸からできているよーとか

肌、髪、爪の原料になっているから必要だよーとか

筋肉をつけるために体重の2〜3倍摂取しなきゃダメだよーとか

 

そんな既に知られていることはこちらで詳しく紹介する気はありません。

 

ですがやはりタンパク質は大切なものであることに変わりはないので

少しだけ解説していきます。

 

人の三大栄養素は糖質と脂質とタンパク質になります。

これは人間の三大欲求と同じようなもので

どれかが多ければ他は必要がない。

といったものではありません。

 

全て必要だけど

少なすぎても多すぎてもよくないよ

ってものです。

 

なので近年で勧められている

糖質制限ダイエットや低脂質高タンパク食も

一概に全ていい!と断言できるものではないことがここでわかります。

 

また、トレーニング業界では

タンパク質を「体重」に基づいて摂取する基準がありますが

その基準はかなり怪しいです。

 

何故なら

体重は筋肉の量と脂肪の比率まではわからないためです。

また、活動量も計算されていません。

 

簡単に言えば

スポーツ選手と同じ体重の人がスポーツ選手と同じ量のタンパク質が必要か

と言われればそんなことはあるはずがありませんよね?

 

なのでタンパク質を体重で摂取量を決めることは

最善でないのはわかると思います。

 

そーやって言うと出てくる反対意見は

タンパク質を多めに摂取しても

尿として排出されるから問題ない!

 

と言うものです。

 

確かに量として排出されるため

体重的には問題ないかもしれませんが

消化器官的には問題があります。

 

タンパク質だって何も起こることなく

尿として出ていくわけではありません。

 

肝臓や腎臓が仕事をしているので

無駄に摂取するくらいならわざわざ体の中に入れなくてもいいよね?

って話です。

 

お金ももったいないし

内臓に負担をかけるし

良いことは一つもありませんねw

 

ではそろそろ本題に入りましょう!

 

じゃあ何からタンパク質を摂取したらいいの?

 

そうとはいってもやっぱりタンパク質は大切なので

何かで摂取しなければいけません。

 

じゃあ何で摂取したらいいの?

って思うじゃないですか。多分w

 

私は思っていました!(笑)

 

なので今回は

巷で良いとされているタンパク質について

お伝えしていこうと思います!

 

タンパク質?お肉からとりゃいいんでしょ?

実はそんなことでもない。。

 

タンパク質といえば

お肉というイメージがあるかと思いますが

実は最善ではありません。

 

お肉のデメリットはこんな感じ

 

赤身肉が体に悪いと言われていたり

お肉の消化にかかる負担や

摂取することで体が酸性に傾くことを考えると

 

一概にお肉だけとって入れば良い

というわけでもなさそうです。

 

もちろんタンパク質は豊富に入っているのですが

そのほかの要素で体に負担をかけてしまっているため

あまりお勧めはできません。

 

タンパク質を食品で摂る

 

そうだね!プロテインだね!

 

じゃあサプリメントで摂ればいいんだ!

って思われる方も多いかもしれませんが

これも同じ理由でお勧めできません。

 

サプリメントが良くないといっているわけではなく

どうしてもサプリメントから摂取すると

いらないものも一緒になってしまうということです。

 

例えば甘味料を入れなければ味が美味しくならないため

仕方なく入っていたり、保存料や香料が入っていたり

 

カプセルにするためにあぶらが使われていたりします。

かといって全て天然物で揃えれば良いというものでもありません。

 

プロテインに関しては味が美味しくなく

飲めないといった問題もありますし

 

ほかのサプリメントに関していえば

高価になりすぎてなかなか手が出せなくなってしまう場合もあります。

 

栄養を意識することはとても良いことですし

そこからサプリメントを摂ることも良いことですが

メリット、デメリットを理解しておく必要はあります。

 

私としてはサプリメントからタンパク質を摂取することは

これも最善ではないと思っています。

 

豆にもタンパク質入っているけど・・・?

 

タンパク質を食品で摂る

 

大豆などの植物から摂取する

 

特に豆類やなどの穀物にもタンパク質は含まれています。

ベジタリアンの方々はこれらからタンパク質を摂取しています。

 

自然食から取り入れることもでき

ほかの栄養素も多いためかなりお勧めできます。

 

納豆などは日本の健康食の中でも

よく耳にするものだと思います。

 

ただ、これにも問題があって

体の中であまり吸収されないということです。

 

つまり吸収効率が悪いため

肉などよりも多く摂る必要があるのですが

そもそもタンパク質が入っている量が少ないため

 

多く摂ることは難しいです。

 

豆乳などで摂取もできるのですが

女性の場合だと女性ホルモンの影響を受ける

イソフラボンなども気になるため

 

大量に摂ることはできません。

 

・・・じゃあ何で摂取すればいいのよ!

と思ったそこの貴方

もちろん答えは準備しております!

 

タンパク質を摂取する最善の食材があります。

 

それを知りたい方は・・・

LINE@に登録して頂いて

【タンパク質の最善】

「LINE@」でコメントください!

 

本物のトレーニングや健康、美容に関する情報をいち早く手に入れたい方
直接パーソナルトレーナーに聞きたい方は
下記からLINE@のご登録をお願い致します!

 

友だち追加
Pocket