食事

油を摂取してダイエットする!?

油と脂の違いとは!?
Pocket

油を取ると痩せるって本当!?

 

あぶらを避けている人

「あぶらは体に悪いって聞いたけど

体に良いあぶらってあるの?

ついでにダイエットもしたい!」

 

今回はそんな方へのご希望を叶えたいと思います。

 

    • 油と脂の違いとは!?
    • 体に良いあぶらとは!?
    • 絶対に摂取したくないあぶらって?

 

こんなところを気にしながら読んでみてください!

 

あぶらって種類があるの?

「あぶら」には種類があることをご存知ですか?

 

近年では脂質ではなく糖質で太るとい情報が多くあるためか

脂に対しての意識は下がってきているように思います。

 

ですが健康の面にしてもダイエットに関しても

あぶらに意識を向けることはとても大切なことです。

これから様々な種類や効果をお伝えしていきますが

一先ずみなさんが気になっていそうなワードを並べておきますねw

こんな変化があるかもよって感じです!

 

あぶらを変えるだけで体重が減るかもしれない

あぶらを変えるだけで肌が綺麗になる

あぶらを変えるだけでお腹の調子が良くなる

 

すぐに結果が出そうなことはこんな感じ

実際には病気の予防になったりとか

酸化防止になったりとか

 

様々な変化もたらしてくれるので

もし興味があれば読んでみてください!

 

まずはあぶらの種類について

 

簡単に分けると

固体になっている「脂」(飽和脂肪酸)

液体になっている「油」(不飽和脂肪酸)

 

体にとったらどちらもしっかり摂取しなければいけないのですが

日本人の食生活だとどうしても「脂」を摂る機会が多くなってしまうということですね。

 

油と脂の違いとは!?

 

なるべく避けたい「脂」とは?

 

結論から言ってしまえば

こっちの「脂」はそんなに体に良いものではありません。

 

何が良くないのかというと

 

太りやすくなったり

アレルギーを引き起こしたり

肝臓に負担をかけたり

ガンになりやすくなったり

 

んで、どんなものに入っているのかというと

動物の肉とか植物の脂とか

 

他にも乳製品とか豆なんかにもちょこちょこ入っているので

気にしなくてもたくさん取れちゃうのが困りものです。

 

実際体の中でどんな働きをするかというと

炎症を起こして痛みの原因になったり

酸化を助長して老化を引き起こしたりします。

 

必要なんですけどたくさん摂ってしまうと毒になってしまし

酸化された状態で食べてしまうと

まんま体の酸化現象を引き起こしてしまいます。

 

なるべく取らないように気をつけていてちょうど良いくらいの量になります。

 

油と脂の違いとは!?

 

積極的に摂りたい「油」とは?

 

一方「油」は不足しがちなので

積極的に食べたいものです。

 

こちらは体に良い例があるのですが

 

例えば

 

うつが改善したり

炎症が減ったり

血圧を下げたり

中性脂肪を下げたり

脳が活性化したり

リーキーガットを癒してくれたり

 

入っているものでいえば

魚や、亜麻仁油などに多く含まれています。

 

こちらは「脂」の逆の働きをするものになるので

炎症を抑えてくれたりとか

抗酸化作用があったりします。

 

この二つのあぶらは綱引きのようなものなので

どちらかが多ければ良いものではないですし

どちらも多く摂って良いというわけでもありません。

 

適量を少しづつ摂ることが大切になります。

 

ここまでお話ししてわかると思うのですが

基本的には油は魚から摂りましょうってことと

肉などの脂は気をつけましょうということです。

 

ちなみに

オリーブオイルやナッツ類から摂れる油はどうなの?と思う方もいらっしゃると思いますが

これらも積極的に摂りたい油になります。

 

ナッツ類はカロリーが高めなので

量には気をつけたいですが

質としては良いので間食などに利用していきたいですね!

 

素焼き無塩のものが売っていると思いますので

そのあたりを狙ってみてください!

 

また、最近ではサプリメントで摂取する方も増えてきているようですが

それはあまりオススメしません。

 

理由としては

魚などの油の量を増やすことよりも

動物などの脂を減らすことの方が重要になってくるので

 

あまり必要性はないのかなと思います。

 

先ほどもお話ししたと思いますが

基本的な機能としては綱引きをしている状態なので

どちらもしっかりと摂って欲しいのですが・・・

 

油と脂の違いとは!?

 

あぶらの大敵「酸化」

 

動物の脂をお勧めできない理由に「酸化」の問題があります。

 

これは魚なの油に関しても共通なのですが

基本的にあぶらは「酸化」することにより

体の中で街として働きます。

 

要は料理で火を使ったりすると酸化するので

生で食べられるとベストということですね。

 

そうなってくるとどうしても避けるべき脂というものがあります。

 

店頭に並んでいる段階で参加している「脂」があります。

 

これに関しては健康を害することはほぼ確実に言われているもので

最も気をつけて欲しい脂になります。

 

ちなみにこれはお肉ではありません。

 

その脂を知りたい方は・・・

 

LINE@に登録して頂いて

【絶対に摂取したくない「脂」】

「LINE@」でコメントください!

 

本物のトレーニングや健康、美容に関する情報をいち早く手に入れたい方
直接パーソナルトレーナーに聞きたい方は
下記からLINE@のご登録をお願い致します!

 

友だち追加
Pocket