トレーニング

トレーニングから得られる効果

Pocket

トレーニングをするとどうなれるの!?

 

運動したくない人

「運動嫌いでも健康は維持したい

活力的に魅力的にいたい、でも運動はしたくない」

 

今回はそんな方へのご希望を叶えたいと思います。

 

    • トレーニングをする理由とは!?
    • トレーニングはダイエットだけじゃなかった!?
    • 日々を楽しくできる方法!

 

トレーニングの真実とは!?

 

トレーニングってなんでやらなきゃいけないの?

 

なんて思ったことはありませんか?

 

運動を行う明確な理由は様々な人たちが説いていますが

ここでもそれについてまとめてみました。

 

私の中では子供の頃の「勉強」と同じくらい口うるさく

言われているものが「運動」なんじゃないかなと思います。

 

大人になってから勉強しておけばよかったなんて思う方も多いと思いますが

今度は死ぬ間際になって運動しておけばよかったとならないように

運動する理由を知って、自分に必要なものか

不要なものかをしっかりと考えてもらえればいいかなと思います。

 

トレーニングから得られる効果

 

今回のポイントはこの三つ

 

  • 健康
  • お金
  • パフォーマンスアップ

 

一応他の記事にないような切り口では書いているつもりなので

最後まで読んでみてください。

 

まずは健康

 

多くの方は健康を害してからどうにかしようと思うことが多いと思いますが

それは賢いやり方とは言えません。

運動を行うことは健康に良いことであり

日々健康でいることはとても大切なことだということは

皆さんもご存知の通りだと思います。

 

ただ、健康についての考え方は人それぞれ違うと思うので

ここでトレーニングが習慣にないっている人の

健康の基準てどんなものなの?と思っている方に向けて

これだけ元気です!

 

ってお伝えしていこうと思います。

 

・一年に一回風邪を引くかどうか

・体が痛い、肩こり、腰痛、むくみなどの不調を感じない

・疲れると思うことがそもそも少ない(身体的に)

・少し走ったりして息が荒れることはない

・薬を飲む必要がない

・エナジードリンクも必要ない

・寝つきが悪いことがない

etc

 

上げていくときりがなさそうだったのでこれくらいにしておこうと思います。

どうですか皆さん。当てはまりましたか?

 

ちなみに肩こりについてまとめた記事はこちらから

 

これは私の体験談ではありません。

周りの仲間たちやクライアント様の状況をまとめたものになります。

 

本来健康とはこれくらいのレベルを指します。

 

日々疲れていてだるい(でも仕事をしている)

薬を飲まないと動けない(でも仕事はしている)

肩が凝っていて頭痛もたまにする(でも仕事はしている)

 

これらは決して健康とは言えません。

健康のレベルを下げるのはやめましょう。

 

貴方の日々はもっと楽になるし、簡単に過ごせることを知ってください。

 

 

貴方が無駄なお金を出したくなければ・・・

 

次にお金

 

これは今のお金というわけではありません。

 

現状が火の車である方は難しいかもしれませんが

ほとんどの方は「将来の貯金」や「もしものための蓄え」

などを考えながら生活していると思います。

 

そんな中で保険に入っている方もいれば

投資をしている人もいるでしょう。

 

そこまで考えているのであれば「未来のリスク」に対しても

何か対策をしておくべきであると思いますが

なかなかそれを実行できている人は少ないように感じます。

 

運動習慣を身につけることで将来重大な病気になるリスクを下げてくれることは

明白です。

 

ジムに通うとなった場合であれば少しお金がかかってしまうかもしれませんが

自宅で少し運動をする程度であれば

無料で行える保険のようなものです。

 

将来のリスクへの備えに行うものであれば

自宅で少し動く程度で十分目標は達成されます。

 

将来なんてどうだっていいのよ!

私は今を全力で楽しむの!

みたいな方には必要のない話ですが

 

将来は結婚して子供と幸せな家庭を・・・

ゆっくりと老後を・・・

老衰で安らかに・・・

 

と考えている方はぜひ自分への投資、保険を兼ねて

トレーニング習慣を身につけてみてください。

 

健康をお金で買えるくらい稼げるのであれば必要ないですが

それでも健康はお金で買えないと言われるほど

価値があるみたいですからね。

 

知ってる人はやっているトレーニングの知られざる効果

 

最後に

パフォーマンスアップ

 

パフォーマンスアップってなんだよ

私たちはアスリートじゃないよ!

 

なんて声が聞こえてきそうですが

パフォーマンスはアスリートに限った話ではありません。

 

例えば仕事とか試験とかイベントごととか

なんなら遊びだってそうですが

それぞれにちゃんとパフォーマンスがあります。

 

今日はなんか

頭が回らない

いつもと同じように仕事ができていない

疲れていて集中できない

 

こんな状態で良い成果が出せると思いますか?

遊んでいて楽しいですか?

試験に合格すると思いますか?

イベントを成功させられますか?

 

気合と根性の時代は終わっていますし

なんなら最高の状態に気合と根性を上乗せできたら

もっと良い結果を残せるということですよね?

 

アスリートでなくても生きているのであればそれなりのパフォーマンスを要求されると思います

 

今日はだるいから仕事はできない

風邪を引いたから育児はできない

 

そんなこと言えないから無理無理やらなきゃいけないわけです。

 

そのため普通の一般人でもパフォーマンスを高い状態に保つためにトレーニングを行うのです。

 

トレーニングではそれが可能なのです。

 

少し考えてみて欲しいのですが

つかれていたり、何もやる気が起きず

ダラダラしたいわけではないのにだらけてしまったり

 

やりたいことがあるのにそれすらも手を出さず

時間を過ごしてしまったりしていることはないですか?

 

これらも全てパフォーマンスに繋がっています。

 

トレーニングには多くの可能性が秘められています。

 

まずは知ることから始めてみる

 

ここでご紹介できなかったものはまた別の機会にご紹介しますね。

 

始めたその日からどうこうなるというものではありませんが

始めれば確実に貴方の日常に変化をもたらしてくれます。

 

知っていて何もしないことと

知らずに何もできないことは

違う意味を持っていると思うので

 

読んで頂いた方はまずは知って頂いて

何かのお役に立てて頂ければと思います。

 

本物のトレーニングや健康、美容に関する情報をいち早く手に入れたい方
直接パーソナルトレーナーに聞きたい方は
下記からLINE@のご登録をお願い致します!

 

友だち追加
Pocket