トレーニング

自重トレーニングを行う理由とは!

自重トレーニングの意味とは!?
Pocket

自重トレーニングって何?!?

 

トレーニングしたい人

「運動したいけど何をしたらいいの?

自重トレーニングって何?

どんな意味があるの?」

 

今回はそんな方へのご希望を叶えたいと思います。

 

    • 自重トレーニングって何!?
    • 自重トレーニングがもたらす効果とは!?
    • 具体的な自重トレーニング紹介!

 

こんなところを気にしながら読んでみてください!

 

そもそも自重トレーニングって?

自重トレーニングって知ってますか?

 

要は自分の体重を使ったトレーニングのことなんですけど

今回はそんな自重トレーニングは

一般の方にとっては最強のトレーニングだよって

内容の記事ですw

一般って健康的にダイエットしてる人や

体力づくりをしている人のことね!

 

そもそもトレーニングってどんなものがあるの?

ってところからですか分類すれば色々あります。

 

簡単なトレーニングの種類

 

マシントレーニング

マシンを使ったトレーニング

そのままですねw

 

ウェイトトレーニング

ウェイト(重りを使ったトレーニング)

ダンベルやバーベルを使ったトレーニングは

フリーウェイトとかって言われますね!

 

チューブ、バンドトレーニング

チューブやバンドを負荷に使用したトレーニング

はい、気づいてますか?

そのままの名前ですw

 

もうね、トレーニング業界、いろんなものの名前が

結構そのままですw

 

その中でじゃあ何故

自重トレーニングが最強なのか

しっかりと説明していきますね!

 

もちろんそれぞれのトレーニングに

一長一短あるので

それらも合わせて説明していこうと思います!

 

自重トレーニングを選ぶ理由

 

自重トレーニングを選ぶ理由1

 

・狭い場所で行える

 

普通の人がトレーニングを続ける上で続かない理由の一つに

「場所がない」があります。

 

自重トレーニングはこの理由を最速で解決してくれます。

何故なら、自分が動ける範囲であればできてしまうからです。

 

最低でもジャンプして頭がつかないことや

うつ伏せやと足を振り回しても差し支えない場所があればいいのです。

 

でもそれならダンベルやバーベル持ってもいいじゃん!

と思うかもしれませんね。

もちろん持つメリットはあるのですが

 

絶対に必要というわけではありません。

 

 

自重トレーニングを選ぶ理由2

 

・自分の体を自在に操れる能力が身につく

 

例えば、力仕事をやっていると

自然に必要な筋肉がつき、必要な動きができるようになります。

 

初めのうちは「ヒーヒー」言いながら持っていたとしても

続けていればだんだん楽に持てるようになったり

早く運べるようになったりします。

 

普通の人が日常生活で重いものを持つといっても

かなり限られていますね。

 

でも例えば不意に転んだ時に手をついて骨を折る

変な体勢になってしまって腱などを痛める

動かさないが故に体に支障が出る

 

これらになってしまうことが怪我につながりますし

体の不調や疲れに繋がってくるのです

 

なので重りを持たずに自分の体で行なってしまえば

良い!というわけです。

 

でも、さすがに種目に限りがあるんじゃない?って

思うかもしれませんが考え方次第ではそんなことはありません。

 

腕立て伏せは上半身全体のトレーニングになりますし

スクワットは下半身全体です。

 

さらに筋肉は意識するだけで

トレーニングができてしまいます!

イメージではなく動かしてくださいねw

 

これらの知識があれば自重でできちゃうよ!

ってことですね。

 

 

自重トレーニングを選ぶ理由3

 

・手間がかからない

 

それはもちろんそうですよねw

 

何か道具を準備する必要もありませんし

施設に行く必要もありません。

 

当たり前のように感じるかもしれませんが

トレーニングを習慣にしよう!って思った時は

これって結構重要なんです。

 

いかに簡単に完結できるかってことが

習慣化することは大切なので

自分の身一つで完結してしまうということほど

優秀なことはありません。

 

自重トレーニングを選ぶ理由4

 

・怪我や間違いが起こりにくい

 

もちろん全くないというわけではありませんが

自分の体を使っているので

ある程度のことしかできません。

 

あまりよくわからない動きをやって

体が歪んでいくとか

 

ふとした時に怪我をするとか

そんなことはほぼ怒らないのです。

 

自己流のトレーニングで無理やり繰り返していくと

怪我まで行かずとも動きに違和感を覚えたり

痛みを覚えることも多くあります。

 

自重トレーニングは難易度の何段階も踏むことができ

練習していくことも可能なので

そういったことになりにくいのです。

 

自重トレーニングを選ぶ理由5

 

・パーフォーマンスアップ

 

私の記事で度々紹介されているパフォーマンスアップ

これについては記事をまとめてあるので

読んでみてください!

 

私たちはただただ生きているわけではなくて

仕事をしたり遊んだり勉強したり

色々なことをしているわけで

 

そんな一つ一つのことが今より簡単に行えるようになったら

単純に嬉しくないですか?

 

そんなことできるの?って思うかもしれませんが

できちゃいますw

 

整体などで

マッサージやストレッチを受けて

体が軽いと感じたことがある人も多いかと思いますが

 

その状態があなたのニュートラルなわけです。

つまり日々その感覚でいられるのです。

 

それをパフォーマンスアップと言いますが

そんな体、単純に欲しいと思いませんか?

 

簡単にできる自重トレーニング

 

で、ここまでお話しして結局じゃあ何をすればいいの?

と思うと思います。

 

その答えは他のブログになるので読んでみてください!

 

腕立て伏せの隠された効果!

 

私は正直家で行うトレーニングはこれだけで良い!

と思っているくらいです。

 

もちろんストレッチなどで調整する必要はありますが

健康になる!くらいであればこれでokって感じです!

 

是非読んでやってみてください!

 

本物のトレーニングや健康、美容に関する情報をいち早く手に入れたい方
直接パーソナルトレーナーに聞きたい方は
下記からLINE@のご登録をお願い致します!

 

友だち追加
Pocket